〒107-0062 東京都港区南青山5丁目12番28号 メゾン南青山503

受付時間
10:00~18:00(水曜除く)

アクセス

千代田線・銀座線・半蔵門線
『表参道』駅から徒歩10分 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6419-7881

再建築不可物件について

再建築不可物件とは

再建築不可とは一般的に敷地が建築基準法上の道路に2m以上接していない物件を再建築不可物件といいます。現状では新たに建築確認を取得して建替えることが出来ない物件の事です。

再建築不可物件にはいくつかパターンがあり、他にメリット、デメリットがあります。

下記の図の『A』は建築基準法上の道路に2m以上接しているので、再建築可能です。
言わば遵法性を満たした物件で、都市銀行や信用金庫の住宅ローンを利用する事ができます。

再建築不可のパターン

建築基準法上の道路に接していない。

右記『B』地は建築基準法上の道路にも建築基準法上の道路ではない道路にも接していません。従って『B』地単体では再建築不可になります。

隣地を通って建物がある物件がありますが、隣地の土地を借りることが出来れば再建築が可能になります。但し、隣地の所有者と土地の賃貸借契約を結んでおかなければ都市銀行や信用金庫のローンを利用することが出来ません。土地の賃貸借契約を結んでおいても融資に消極的な金融機関が多いです。
将来的なトラブルを避ける意味でも土地の賃貸借契約や取り決めをしておくことは重要です。

建築基準法上の道路に2m以上接していない。

右記『C』地は建築基準法上の道路に接していますが、2m未満の為、再建築不可になります。

この場合の解決方法は隣地を購入若しくは賃貸する。もしくは東京都では接道が1.8m以上あり、43条の但し書き(43条2項2号)許可、またはそれに代わる認定が受けられれば再建築可能になります。43条の但し書きの申請には建築プラン入れ、境界確定に向けて動く事等他にも要件がり、要件を満たした上で認定、もしくは数カ月に1回開催される建築審査会の同意が必要になります。以前認定や同意許可されているからと言っても将来的に必ず認定、同意許可されるわけではありません。認定、同意許可が下りても大幅な間取変更する場合、認定、同意許可を取り直す必要がある場合があります。また但し書は融資に消極的な金融機関が多いです。

接道しているが、建築基準法上の道路ではない。

右記『D』は接道しているが、接道している道路が建築基準法上の道路ではない為、再建築不可になります。解決するには上記特徴2とほぼ同じになりますが、建築基準法上の道路まで接道させるか、43条但し書き許可等を取得する必要があります。

再建築不可ではないが扱いは同じような事例

再建築不可ではないが、実質再建築不可と同じ扱いになる場合があります。それは建蔽率・容積率オーバーの物件で建て直すととても小さくなってしまう物件や建て直すとなるとセットバックが必要で有効宅地が小さくなりすぎて建物のプランが入らない物件、連棟式長屋で切離しや取り壊しの承諾が取れない物件等です。
なぜ再建築不可物件と同じ扱いになるかというと、建替えても建替えるメリットが受けられないことに加えて都市銀行や信用金庫から1%を切るような住宅ローンを利用出来ない為再建築不可物件と同じような扱いになってしまいます。金融事情と不動産価値は密接な関係にあります。しっかりとメリット、デメリットを考慮の上、判断されるのが宜しいかと思います。

 

 

再建築不可物件買取らせていただきます。

・再建築不可物件を売りたい、処分したい。
・再建築不可物件だけど売れるのか。
・再建築不可とは知らなかったが、売却、処分したい。
・不動産会社へ相談したが、扱って貰えなかった。出来れば高く売りたい。
・再建築不可物件を不動産会社へ売却依頼しているが、中々売れない。
・金額は決まったのに中々話が進まないのでストレスが溜まっている。信頼も薄れて来た。
・とにかく早く、出来れば高く売却して現金化したい。

上記のようなお悩みがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
不動産業者はもちろん、弁護士、司法書士、税理士、コンサルタント等からもご紹介いただき、大変喜んでいただいております。情報の横流しや業者の紹介等は行っておりません。弊社で直接迅速に買い取らせていただきます。

再建築不可物件に関するお問合せの流れ

お問合せからサービスをご提供するまでの流れをご紹介します。

お問合せ

※物件の簡単な住所、売却されたい理由を簡単にご記入の上、お問合せください。電話番号は必須ではありません。

・物件の現状、土地、建物の面積をご記入いただければより具体的に回答することが出来ます。

出来る限り迅速に対応させていただきます。

しつこい電話をされるのではないか不安でした。

品川区のAさん

メールで個人情報を出すのも不安でしたし、問い合わせ後、しつこく電話が掛かってくるのではないかと不安でしたが、問い合わせ後、メールを貰い、何か安心出来そうだったのでお願いしました。パソコンやメールが得意ではなかったので、途中からこちらから電話してしまいました。

いかがでしょうか。

このように、弊社へお問合せいただければ、再建築不可物件への悩みの解決や早期高額売却が実現できます。

再建築不可物件に興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6419-7881
受付時間
10:00~17:00
定休日
水曜日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

03-6419-7881

<受付時間>
10:00~18:00 ※水曜日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/10/12
江東区東砂(再建築不可物件)、査定させていただきました。
2021/09/10
品川区荏原(再建築不可物件)、査定させていただきました。
2021/08/24
江東区猿江中古戸建(再建築不可物件)、査定させていただきました。
2021/08/5
品川区小山台1丁目再建築不可物件、査定させていただきました。

再建築不可物件買取センター

住所

〒107-0062
東京都港区南青山5丁目12番28号
メゾン南青山503

アクセス

東京メトロ千代断線・東京メトロ銀座線・東京メトロ半蔵門線『表参道』駅から徒歩5分

受付時間

10:00~18:00

定休日

水曜日